犬の熱中症 症状と予防策

人気のペット保険!内容も充実で毎月の掛け金が安心価格の保険です

犬の熱中症 症状と予防策について

犬はとても熱中症になりやすい動物です
また生命にかかわるほど熱中症は犬にとって危険です 犬は人間みたいに汗をかいて体温を下げることが出来ません(人間のように汗腺がありませんので) 唯一犬が体温を下げるために出来ることは口で激しく呼吸をすることだけです 
しかしこれは体温を下げるためには効率が悪いのです 普段から犬が熱中症にならないように気をつけてあげましょう

 

 

夏の暑い日に換気や冷房をしてない部屋に閉じ込めてお留守番させるのもいけません! またブルドックやシーズー パグのようにつぶれた顔つきの犬 太り気味の犬 心臓病などの犬は普段から呼吸困難を起こしやすいので犬の熱中症には更に気をつけてあげましょう

 

   犬の熱中症の症状とは?

 

 

 呼吸が荒くなり 舌が垂れ下がります

 

 口から泡をふく状態になります

 

 酷い時には舌や唇がチアノーゼを示して青紫色になり 体温が非常に高くなります これは犬にとって非常に危険な状態です ただちに生命が危うくなるか 助かっても大脳が障害を受ける可能性があります

 

 

【犬が熱中症になってしまった時の対応について】

 

 風通しのいいところや 木陰などの涼しいとこに移動させてあげて下さい 

 

 ただちに水を飲ませる 欲しがるだけどんどん飲ませて下さい

 

 体に水をかける あるいは浴槽などの水に浸ける

 

 水に冷やしたタオルを頭部や体に当てるなどの応急処置をする

 

 上記3つの応急処置をした後 すぐに病院につれていき診察を受けて下さい 犬の体温は急には下がりません 一度体温が下がっても 
また上昇することがあります 犬の体温が下がらなければショック状態になることがあります 必ず受診するようにして下さい!

 

また夏場は普段以上に水分補給も大切になります
犬はとても水分を多く必要とする動物です
水分不足にならないように普段の生活から気をつけてあげましょう

 

犬の水について詳しくはこちらから