トイプードルに多い病気とは

人気のペット保険!内容も充実で毎月の掛け金が安心価格の保険です

トイプードルに多い病気&医療費はどれぐらいか?

トイプードル
とても愛くるしくて 可愛く 
人気NO!のトイプードル 
皆さんわが子のように可愛がってると思います
それだけに いつまでも健康で長生きして欲しいと思いますよね!
そこでトイプードルに多い病気をしっかり把握して 
普段から気を付けて観察してあげて下さいね

 

 

トイプードルに多い病気 気を付けてあげたいこと

 

非常にデリケートな犬種で 皮膚病、アレルギー、目や耳の病気にかかりやすいです 
また涙やけも多い犬種です

 

★ 成長期(0歳から1歳)にかかる恐れの高い病気

外耳炎

 

日頃から耳の様子を観察し、赤み・かゆみ・においが強い・耳垢が多い場合は、早めに獣医師等にご相談ください。
家庭でのケアは悪化させることがあるので獣医師等の指導のもと行ってください。

 

 

皮膚炎

 

日頃から皮膚を清潔に保つためには、こまめなブラッシングやシャンプーを心がけましょう。わんちゃんの皮膚はデリケートなので、皮膚を傷つけないようにやさしく行ってください。
シャンプーはすすぎ残しのないよう、十分気をつけましょう。かゆみ・赤みが出た場合は、早めに獣医師等にご相談ください。

 

 

下痢

 

下痢は軟便や水溶性、血が混じるものまで状態は様々です。その状態がどのようなものか獣医師に伝える必要があるため、家族の注意深い観察が必要となります。

 

急性の下痢や脱水症状、幼齢期の場合は、状態が急激に悪化することがあるため、早めに獣医師等にご相談ください。

 

★ 成犬期移行にかかる恐れの高い病気

外耳炎

 

日頃から耳の様子を観察し、赤み・かゆみ・においが強い・耳垢が多い場合は、早めに当店、又は獣医師にご相談ください。
家庭でのケアは悪化させることがあるので当店、又は獣医師の指導のもと行ってください。

 

流涙症

 

逆さ睫毛や涙を排出する涙管が狭いことなどで、涙が出て眼の周りの毛を変色させたり湿疹ができたりします。
涙やけはコットンなどでやさしくふき取るか、眼にかかる毛をカットしましょう。
眼の異常や、目やにの量・色に異常が見られたら、早めに当店、又は獣医師にご相談ください。

 

膝蓋骨脱臼

 

「パテラ」ともいわれます。膝のお皿(膝蓋骨)が正常な位置から逸脱する状態になる病気です。跛行や歩行異常などが見られたら、獣医師と相談して治療方法を決め、膝関節に負担をかけないよう、肥満防止や過度な運動を控えるなど、その子に適したケアをしてあげましょう。
また、滑りやすい床材には注意が必要です。

 

脳・神経系の病気

 

てんかん(癲癇)
脳に何らかの原因で異常な電気活動が急にあらわれた時に起こる病気です。 体が硬直し、四肢の震え、排尿・排便、よだれや嘔吐などを起こし、
だいたい数秒から数分間続きます。 主に経過観測がベースとなり、血液検査や脳波検査により診断をします。
頻発するようになると投薬などを行います。

 

内臓系の病気
僧帽弁閉鎖不全症(心臓弁膜症)
血液の流れをコントロールする僧帽弁が変形し、心臓の内部で部分的に血液が逆流し
ポンプとしての機能が低下する病気です。トイプードルでは主に遺伝的なものと言われています。初期症状では目立った異常が見られないので、動物病院などで心音に雑音がないかどうか聴診してもらいます。

 

内分泌系の病気
副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
脳下垂体の機能亢進が引き金となり、副腎のコルチゾンの過剰生成がみられます。多飲多尿で空腹感を示し、太鼓腹の状態がみられ、頭部や四肢以外の箇所で左右対称の脱毛がみられます。皮膚が薄くなり、細菌による皮膚感染症や白癬などにかかりやすくなるので、早期発見早期治療が重要になってきます。トイプードルなどは遺伝的に発症しやすい素因を持っていると言われています。

 

呼吸器系の病気

 

気管虚脱
筒状である気管が潰れてしまい、正常な呼吸が出来なくなることを言います。年齢を重ねると顕著に見られ、咳や興奮・運動によって誘発されます。肥満により気管が圧迫しているのであれば、体重のコントロール、それ以外の原因の場合は心臓など咳を起こす可能性のある他の原因のものを除外し、適切な治療を行います。主にレントゲン検査によって確認します。

 

目・歯・耳などの病気
進行性網膜萎縮症(prcd-PRA)
遺伝性疾患の一つで、網膜の異常により徐々に視力を失っていく病気です。遺伝病なので根本的な治療方法はありません。初期状態は暗いところで視力を失います(夜盲症)。徐々に進行していくと、日中でも視力を失い、完全失明となります。発症している犬の目は、網膜の血管が徐々に壊死したことでガラス玉のような透き通った目をしています。現在、この病気に関しては遺伝子検査が出来ることで、繁殖する際の指針の一つとなっており、少しずつこの遺伝性疾患に限っては排除が進んできています。

 

白内障
多くは老齢期に発症するもので、水晶体の代謝変化によりタンパク質の構造が変化してくることで、白く濁ってきます。また、遺伝的に若い時期に発症することもあります。

 

歯周病
トイプードルに限らず、ほとんどの犬種で見られる病気の一つです。歯肉(歯ぐき)に炎症が起きて、それが進行すると歯槽膿漏となり、歯槽骨が溶けて歯が抜ける病気です。初期症状:歯肉の腫れ・出血
中期症状:口臭・よだれ・歯の色が茶色になる・食べるのが遅くなる
後期症状:歯肉萎縮・歯の根元が見える・歯がぐらつく、または抜ける歯磨きの習慣をつけ、定期的に動物病院などで歯垢や歯石を除去したりして予防します。

治療費は どれぐらいかかるの?

 

動物病院は自由診察報酬になります ですから病院によって値段の差がかなりあります
同じ診察内容でも数万も変わる場合がありますので 事前に病院で診察料金の確認をしたほうが良いでしょう 

 

通院回数が少なくで済む内容であれば 2000円〜10000円ほどで診察料金は済みますが
内臓疾患 アレルギー など長期通院が必要な病気やケガなどの場合 トータルで 10000円〜300000円と かなりの高額治療になります

 

また入院・手術が必要な場合 最低100000円と考えたほうが良いでしょう

 

これらは ペット保険に加入してない場合はすべて実費になります

 

もしもの時 頼りになるペット保険 毎月の掛け金が安くて手厚い保障内容の
おすすめペット保険はこちら ⇒ ペット保険 おすすめNO1 ペッツベスト